ベアブック~熊本紹介~

ホマと田中がお届けする熊本紹介ウェブサイト٩('∀') 熊本のグルメ71店舗・レジャースポット5施設掲載中(2019年12月時点) 。熊本のグルメまとめ&ランキング有り♪

虐待犬が来て・・・

どーも田中です。

 

 

f:id:funa999:20190712151108j:image

 

f:id:funa999:20190712151906j:image

 

 

 

つーちゃんがうちに来て早1年が経ちました。

 

 

 

1年前、虐待されていたのをお隣さんが保護してきた。

 

 

 

暴力の虐待ではなく、

 

 

 

小型犬を運ぶキャリーバッグに約7年間閉じ込めてたらしい。

 

 

 

全く外に出してないんだとか。

 

 

 

聞いただけでゾッとします。

 

 

 

 

7年間も不潔な箱の中にいたら、

 

 

毛は抜け落ち、皮膚は感染症でボロボロ。

 

 

 

爪は伸びすぎて肉球に突き刺さり

出血していた。

 

 

 

外に出たときには痛くて歩けなかった。

 

 

 

体はガリガリで瀕死の状態。

 

 

 

発見されたときは餓死寸前でした。

 

 

 

虐待していた親子がどんなやつかとゆーと、

 

 

 

家賃を滞納していたらしく、

 

 

 

大家さんが、いい加減出て行ってくれと

 

 

 

荷物整理に家の中に入ったところつーちゃんが発見された。

 

 

 

虐待してたやつがこう話してたらしい。

 

 

 

「まだ生きてた?もう死んでるかと思った。

 

 

 

ゾッとするな。

 

 

 

入院を期に餓死させる予定だったとか。

 

 

 

つーかお前が死ね。

 

 

 

 

しかもその親(ちな母親)、高校生の娘がいるんだけど

 

 

 

親が入院したら、自分はさっさと親戚の家にお引越し。

 

 

 

娘もとんでもないやつで

 

 

 

「死ねばよかったのに」

 

 

 

と衝撃の一言を放った。

 

 

 

教育ってすごいな。

 

 

 

まぁある意味被害者かも分からんが

 

 

 

お前も死んでくれ。

 

 

 

さらに衝撃なのが、

 

 

 

娘「猫の赤ちゃん欲しい、飼おうかな」

 

 

 

とほざきやがったらしい。

 

 

 

話を聞いていくと、

 

 

 

赤ちゃんのときは可愛いから飼い始めるが、

 

 

 

成長したら可愛くないから放置して殺すらしい。

 

 

 

放置すると言っても、箱に閉じ込めたまま

 

 

 

餌と水は箱の中に入れるらしい。

 

 

 

つーちゃんはそれで7年も絶えた。

 

 

 

 

はい、生き地獄です。

 

 

 

 

暴力振るわなければ虐待という認識がないらしい。

 

 

 

この親子、つーちゃんの前に飼ってる犬も同じように殺してるらしい。

 

 

 

 

ちなみにつーちゃんの名前はツバサです。

 

 

 

 

可愛がらないくせに

 

名前は付けるという謎っぷり。

 

 

 

 

お隣さんはつーちゃんを保護したものの、

 

 

 

完全なる猫派で

 

 

 

猫を7匹も飼っているので、

 

 

 

 

とりあえずうちで預かって

 

 

 

里親を探すことにしました。

 

 

 

 

しかし飼いだしたらやっぱり愛着が湧いてしまう。

 

 

 

 

じゃぁうちで飼いましょうかね、

 

 

ということで

 

 

 

名前を改め、

 

ツバサからツー太郎さんになりました。

 

 

 

うちのにゃんこたちも温かく迎え入れてくれた。

 

 

 

f:id:funa999:20190712151718j:image

 

 

f:id:funa999:20190712151813j:image

 

 

 

そんなこんなで、ツー太郎とにゃんこと田中の平和な暮らしが続いています。